ガーデニング

動力付きの芝刈り機

トレンドは動力付き

園芸

きれいな芝生を維持するためには、定期的な芝刈りを行う必要がありますので、庭に芝生を植えた場合は、必ず芝刈り機を購入しなければなりません。最近では、様々な種類のものが販売されているので、選択に困るかもしれませんが、一番重要なのは芝生の広さです。芝生の広さによって、芝刈り機を手動式にするべきか、それとも電動式やエンジン式にするべきかが変わってきます。およそ30坪程度までの広さであれば、手動式でも問題ありませんが、それ以上の広さになると電動式やエンジン式でなければ手間がかかって大変です。もちろん、手動式の方が低価格ですが、最近の傾向としては、価格が下がってきた電動式やエンジン式の芝刈り機を購入するケースが増えているようです。

操作が手軽な電気式

今後の方向性としては、労力を削減するためには動力付きのものが人気があると思われますが、一般家庭では、芝生を広い面積に植えることが減っていますので、手動式で十分な場合が多くなっています。そもそも芝生は手入れが大変ですから、公園のような公共施設であればいいのですが、一般家庭ではきれいな芝生を維持することは困難です。一般家庭では、動力付きのものであっても、できるだけ手軽に使えるものが人気があるため、エンジン式よりも電気式を選ぶことが増えると思われます。電気式の場合、コンセントの位置やコードの長さなどが要チェックですが、コンセントさえつなぐことができれば、後はスイッチを入れるだけで簡単に使用することができます。